給食について

年齢に合わせて手作り料理をします。お米とぎや野菜切りや団子を丸めたりして竈料理なども楽しんでします。
保育園の給食は、栄養のバランスを考え、尚且つ子ども達がおいしく食事できるように努力しています。
偏った食事をしないことが健康の源です。食べ物があふれるほどある今日だからこそ給食を大切に考えたいのです。

 

目標

  • 咀しゃく力を高める
  • 季節感のある食事内容で材料本来の味を知り、好き嫌いなく食べられる
  • 安心して与えられる食品を選ぶ

特徴

3歳児未満 完全給食です。主食、副食、おやつ等は園で用意いたします。
3歳児以上 主食は家庭で用意して頂くことになっていますが、当園ではまとめて炊飯しています。
お米 玄米(発芽玄米)を取り入れた献立です。
玄米は白米と比べ、蛋白質、ビタミン、食物繊維等を多く含んでいるため、よく噛み、咀しゃく運動になり、排便作用もあります。
副食(おかず) 魚類・豆腐・野菜中心の献立です。
その時期に収穫される野菜中心に、バランスの良い季節感のある食事を大切にしています。
調味料 化学調味料は使用せず、塩はミネラルを含んだものを使用しています。
おやつ 添加物等が心配な出来合いの物を極力避けて、玄米だんご、ふかしいも、おにぎり、煮干し、するめ、昆布、果物などを出しています。
青汁・柿茶 新鮮な青菜で作った青汁を出しています。
ビタミン、ミネラルの豊富な飲み物で、健康な体作りに効果があります。
食器 陶器を使用しています。
味気ないプラスチック製に比べ、清潔で味わいのある陶器を使用しています。
TOP